愛を育む子育て〜おひさま天使〜

こどもも親も一緒に笑顔にする、そんなブログです

誰がお母さんを成長させるのか?

娘が体調を崩すたびに
私はかつての自分を思い出す。
(昨日から調子が悪いので)

娘には先天性気管軟化症という病気がある。

気管が先天的に柔らかくて
分泌物が多くなる類の、
例えばRSウイルスとかの風邪をひくと
てきめんに呼吸状態が悪くなる。

ゼーゼーしてしまい、
寝起きなんかは1時間以上
辛い咳が続く。
終わりない…と錯覚するほどの。

でも、世のお母さん達、ビビらないでね。
RSウイルスは、
普通の子どもがかかっても
ちょっと咳や痰の多い風邪をひく程度だから。
(0歳児は要注意です)

うちの子は特別^ ^。

ずっとそばに居ると
「この子死んじゃうんじゃないか?」
って思う。

小児科でもらった薬は効かない。
咳が辛くて辛くて泣く程、
だんだん顔色も悪くなり
疲労困憊している。

で、こう思う。

「私も一緒に苦しんで死んじゃうんじゃないか」

の錯覚をする。

わが子と自分を同化させるのだ、
しかも、自然と当たり前のように…

これは、《母性》という本能が
そうさせているに違いないんだけど、
リアルタイムではそれがわからない。

母子は共に共鳴しあうからだ。


でも、その現象にふと気づいた時
「あ、そうか、だからか」
って思った。

何もできないんだけど、
楽になった。
楽になったら、娘も楽になった。

余裕が出て来た。
工夫をするようになった。

部屋をきれいにした。
《ゆたぽん》とか名付けて、
ぬいぐるみに湯たんぽを仕込んで
抱っこさせたり、
足湯したり、アロマしたり、マッサージしたり。
しかもどの辺りをしたら1番効くか、
すごく勉強したし、感覚も研ぎ澄ました。


これで平気な訳ではないけど、
幸せな家環境ができた。

これが私が娘の病気から得たこと。
素晴らしいギフト。

ありがとう。
しかない
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

脳科学と感性で子育てをする

◆恐がりの娘

こどもが『こわい』と言っている時の
脳の中を覗いてみましょう。


イメージは・・・
怖い記憶の断片がバラバラに散らばっており、
明確に何が怖いのかをわかっていない場合が多い。

ようするになにがなんだかわかんない。

得体が知れないこわさ。

 

ゾワゾワと戦っています。

 f:id:bekibekichan:20171018120357j:image

そこでこの不確かであるゾワゾワを

親に《恐怖》の感情としてアウトプットしてくれています。

 

本当にこどもってすごいですね。

大人はこんなことしない。

まずはそこを承認します。

 

「気持ち、よくわかったよ、教えてくれてありがとう」

 

◆で、次のステップ

その得体の知れない恐怖がどこから来ているのかを

親がリサーチし、

代弁してあげるのです。

 

たとえば、

「そうか、こないだのテレビが怖かったんだね。

どんな場面がこわかったの?」

 

で、こどもがそれをイメージやストーリーで教えてくれたらしめたもの。

ここで、得体の知れないものがやっと明確化します。

 

明確化した時点でこどもはある意味安心します。

 

 

◆実はこどもの脳内は

そういった言語化できないイメージがそこかしこに散らばっており

それがストレートな喜怒哀楽として表現されます。

だから、大人は表面的に子どもを見ても

理解不能なのです。だって、子どもたち自身もわかってないのですから。

 

 

で、私が娘にやった恐怖の取り除きは、

「そうか〜、そのテレビの怖い人が例えば、

『ぼくちゃんこわいでしょ?おならプッププ〜!やだ=音聞こえた?聞こえたらあなたに賞品さしあげます!』

って言ったらおもしろいよね。」

 

と、怖い人をコミカルな人にイメージ転換したのでした。

 

その所要時間ものの1分。

娘は笑顔。私は無事外出。

 

子どもの脳を理解して

子育てするととてもいい親子関係がつくれますよ。

 

========================

 

こどもの為のヨガ教室をしています。

ご興味あるかたはホームページをご覧ください😃

こどもヨガ おひさま天使

子育ての悩み・不安など一緒に解消しましょうね。

 

 

☆シリーズ☆ 「子育て、あなたならこんな時どうする?」

◆うちの娘はたいそう恐がりです。


トイレに行くのもダッシュ

留守番は家を出てマンションの玄関前でする

お風呂怖いから1人で髪洗うのやだ

こないだもTVで世にも奇妙な物語をやっていましたね。

それがいまだに「こわいこわい」言ってて、

私は少し困っていました。


昨日、私は新しくなるヨガサロンに用があって

夜、家を出ようとしたところ・・・。

「やだーーーーー!怖いから行かないで!」

と止められてしまいました。


あなたが私の立場だったら、

どうしますか?


1 よしよし、と抱きしめる

2 「あなたが怖いテレビなんか見るからでしょ!」と叱る

3 外出をあきらめる

 

私は上の3つはやっていません。

でも1分で娘は笑顔になり

「母ちゃん、いってらっしゃ〜い♡」と言って送り出してくれました。

私は何をしたのかと言うと・・・

次回の記事に続く

こどもは親の尊敬すべき師匠である(めちゃ辛口の記事です)

◆今日は辛口の記事いきますよー

間違えないでくださいね、

こどもは親に指南する師匠です。

親がこどもに教えてあげるのではありません。

 

しかもこどもはそれを謙虚にやってくれる

尊敬すべき最高の師匠(ヨガ用語はグルといいます)です。

 

 

 

親はこどもに

 

『教えてあげている』

『育ててあげている』

 

のではありません。

 

言っちゃいます。

 

それは親のエゴで、

こどもへの依存以外の何者でもありません。

 

 

◆なんで今日は辛口なのか?

さっき、傷ついた若者の心を

メールとハグでサポートしているNPOの代表にお会いしてきました。

 

その若者というのは

親からひどい虐待を受けているこども達。

 

内容も伺いましたが、

とても平常心で聞ける内容ではありませんでした。。。

 

でもそれは、

親の方もこどもだった頃に歪んだ子育てをされていたとか

自分にOKを出せていない人がほとんど。

 

そういった人は、わが子を自分の所有物もしくは、

少なくとも、親の思い通りにこどもを操作したいと思っている。

 

人生への復讐とか、蓄積された闇が

根底にあるんです。

それが一番発散しやすいわが子に向けられる・・・。

 

 

悲しく、切なかったです。

 

 

◆それでもこどもは謙虚に親にメッセージを送り続ける

ひどいことをされても

こどもは親を愛している。

だから、こどもは自らを犠牲にして、人生をかけて

親の心を平穏にしようとメッセージを送り続けている。

 

だって、どんなひどいことをされても

親への愛は貫こうとするから。耐えるから。

闇のはけぐちになっていても、耐えるから。

 

そう

親こそ、こどもから

『教えてもらっている』

『育ててもらっている』

 

感動すら覚えます。

 

 

◆どんな親も例外ではありません

こどもを育ててあげている
こどもに教えてあげている

 

こういう概念がちょっとでもある人はすこし立ち返ってみてください。

 

 

こどもを育てている → 本当は育てられている
こどもに教えている → いやいや、教えられている

 

こどもは例外なく陽のパワーで親を引っ張るポテンシャルを持っています。

そして繰り返します、

こどもはどんな親も愛しています。

 

そのおおきな器の中で

心の平穏を形成してくれている。

 

そんな目でこどもを見ると、

親も成長していく、私はそう確信しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さんの魔法の言葉

◆お母さん、モヤモヤしていませんか?

 

今日は我が家ではこんな出来事が・・・。

 f:id:bekibekichan:20170913210335j:image

 

娘が、お友だちと遊んでいて

どうやら意地悪されたらしい。

泣きながら帰宅してきた。

 

「今日◯◯ちゃんがね、私の事をいじわるしてね、

うんたらかんたら・・・・・・・でね、うわーーーん」

 

泣いてました。

 

 

◆さて、お母さんの出番?

こういう時は、

私は母として、というより

一人の人間としてわが子と接します。

 

目の前の人が、

どうしてその事柄について私にシェアしてくれているのか?

それだけで相手と対峙します。

 

そして答えはただ1つ。

 

【聞いてくれるからうったえている】 

 

だから聞く。

聞いて聞いて聞きまくる。

 

と言っても、その時間は10分くらいで充分。

 

それで相手はクリアになる。

 

わが子がクリアになった、

ただ、それだけ。

 

◆お母さんだからこそ生きる、魔法の言葉

そして私はいつもわが子に伝える。

 

「大丈夫、大丈夫。

あなたはあなただよ。私はそのままのあなたが好きだから」

 f:id:bekibekichan:20170913210644j:image

それだけ言う。

 

 

アイムオーケー、ユアオーケー。

幸せを育む

わが家の愛の言葉。

 

ユアオーケー、ウィーアーオーケー。

よかったら、唱えてみてください。

 

2017年 夏、気づき月間

怒涛の7月8月、

やっと終わる。 

 f:id:bekibekichan:20170831192317j:image

(夏休みの観察課題のホウセンカ

 

夏休み、終わる。 

 

 

ある人に言われました。

統計学で冬の時期(運勢)の時は

誕生月とその前後は注意ですよ』 

 

私は7月産まれなので、

『あーそーかー…』

と妙に納得。 

 

それと、大切な人に

こんな事も言われました。

 

『自分が1番大事にしている家族、

その家族を本当に大事にしているか?

見つめ直してごらん』 

  

『あーそーかー…』

 f:id:bekibekichan:20170831192005j:image

 

大事にしているのかしていないのかが

重要ではなく、 

 

そこに立ち返ることが重要なのだと 

気づいた冬の運命年の誕生月でした。 

 

ちと、疲れています( ̄∀ ̄)

 少し自分に癒しが必要です。 

明日は木でも抱きしめに行ってくるかな!

f:id:bekibekichan:20170831192054j:image

 

 

 

娘は先天性の疾患があります

「前回のつづきです」

 

ご心配おかけしましたが、
娘は急性期は乗り越え
5日間の絶食を経て少しづつ食事を戻し、

入院10日目で退院いたしました。 

 f:id:bekibekichan:20170830120334j:image

 

今回は手術を視野に入れての入院でしたが、

私達夫婦は

『手術はしない』

選択肢を選びました。  

 

娘の場合、

腸閉塞(イレウス)を何度も繰り返しているので、

○保存的な治療(急性期を乗り越えるための治療法)と、

○根治治療(再発しないための手術) 

 

2つ治療方針を示されました。 

 

腸閉塞は

生活のリズムを整える・まっすぐで自然な無理のない食生活・ストレスコントロール・適度な運動と、

当たり前のことを丁寧にやることで

回避できます。

 

私達はもう一度、

それをやることにしたのです。

手術は本人の意思で判断できるまで

やらないでおこうと。

 


イレウス(腸閉塞)は、
失神するほどの腹痛が伴う
病気です。

おそらく、

いつそんな激痛がくるかわからないから、実は娘は相当怖いはず。


でも、娘はこう言います。

「体を健康にするにはねぇ…

まずは、早寝早起きでしょ?
そして、
体を冷やさないようにするでしょ、
よく噛んでゆっくり食べるでしょ、
体を動かして運動するでしょ、
水分はしっかり摂るでしょ?

あとはねぇ…
無理しすぎず、疲れたら休むこと!!」
f:id:bekibekichan:20170830120400j:image
ですって笑

ほーんとに、
私の方がこどもから
学ばせていただいてます。

ありがとう。


そして、
みなさまにはご心配おかけ致しました。

 

 

私のもとに先天性疾患の子どもが

生まれてきてくれたのは、

【当たり前のことを丁寧に当たり前に】

私がそこに立ち返るため、だと。

 

そんな

神様からのメッセージを受け取って

子育てしていこうとコミットしています。