愛を育む子育て〜おひさま天使〜

こどもも親も一緒に笑顔にする、そんなブログです

娘は先天性の疾患があります

「前回のつづきです」

 

ご心配おかけしましたが、
娘は急性期は乗り越え
5日間の絶食を経て少しづつ食事を戻し、

入院10日目で退院いたしました。 

 f:id:bekibekichan:20170830120334j:image

 

今回は手術を視野に入れての入院でしたが、

私達夫婦は

『手術はしない』

選択肢を選びました。  

 

娘の場合、

腸閉塞(イレウス)を何度も繰り返しているので、

○保存的な治療(急性期を乗り越えるための治療法)と、

○根治治療(再発しないための手術) 

 

2つ治療方針を示されました。 

 

腸閉塞は

生活のリズムを整える・まっすぐで自然な無理のない食生活・ストレスコントロール・適度な運動と、

当たり前のことを丁寧にやることで

回避できます。

 

私達はもう一度、

それをやることにしたのです。

手術は本人の意思で判断できるまで

やらないでおこうと。

 


イレウス(腸閉塞)は、
失神するほどの腹痛が伴う
病気です。

おそらく、

いつそんな激痛がくるかわからないから、実は娘は相当怖いはず。


でも、娘はこう言います。

「体を健康にするにはねぇ…

まずは、早寝早起きでしょ?
そして、
体を冷やさないようにするでしょ、
よく噛んでゆっくり食べるでしょ、
体を動かして運動するでしょ、
水分はしっかり摂るでしょ?

あとはねぇ…
無理しすぎず、疲れたら休むこと!!」
f:id:bekibekichan:20170830120400j:image
ですって笑

ほーんとに、
私の方がこどもから
学ばせていただいてます。

ありがとう。


そして、
みなさまにはご心配おかけ致しました。

 

 

私のもとに先天性疾患の子どもが

生まれてきてくれたのは、

【当たり前のことを丁寧に当たり前に】

私がそこに立ち返るため、だと。

 

そんな

神様からのメッセージを受け取って

子育てしていこうとコミットしています。