こどもヨガの先生の育児日記〜育児も楽ありゃ苦もあるさ〜

代々木で【おひさま天使】というこども専用ヨガ教室をしています。こどもを感性と脳科学で育てています。こどもと親を笑顔にするブログ。

ヨガ=子育て。 ヨガ指導者として思うこと

知っている人も多いと思うが、

私はヨガサロンを開いていて、

そこでヨガを教えている。

 

成人とこども、両方レッスンしている。

もう5年目になる。

 

私がヨガ指導者をし出した頃

ヨガが流行りだし、エクササイズ的なヨガが広がり出した。

 

ヨガは呼吸と体を動かすエクササイズと思われている事が多いが、

本当は自分の心を制するのが目的だったりする。

 

心を自制すると簡単に言うが

非常に難しい。

出家しているお坊さんのイメージ。

 

難しいからその修業するために

心よりも簡単と言われる呼吸と体をまず操作する。

 

ヨガはとても奥が深い

でもとてもシンプルでもある

 

『自分だけを見る』

『内観』

 

をやる。

全ての物事は全て自分が源であるとして扱うために

自分の中を見る。

 

自分の中から全ての物事が起きてくるので

全て自己処理ができる・・・

という考え方だ。

 

人や物や環境のせいにしない。

自分が扱えるからそれがある。

そう思えるようになれるからとても平和だ。

 

かといって感情が起きないということではない。

 

ざわつく心も出てくるし

怒りも出る

焦ったりもする

 

ただ一つ言えることは、

その出てきた感情を正確にとらえて

あらがわないこと。

 

そしてそれは良い悪いで判断しない。

ただそれだけのこととして捉える。

 

受け入れ・いつも學ぶ

 

そのスタンスがあれば

いつもヨガをしているということになる。

 

子育てはその絶好のチャンスだとして

私はいつもありがたく思うのである。