愛を育む子育て〜おひさま天使〜

代々木でこども専用ヨガ教室をしています。こどもを感性と脳科学で育てています。こどもと親を笑顔にするブログ。

赤ちゃんの時の唯一の習い事で得た大切なこと

息子は2.3歳頃

ひとつだけ習い事をやっていた。 

 

ママ友に

「一緒に行かない?」

と近所のリトミック教室に誘われた。

 

まずは体験レッスン。

音楽にノリながら手遊び。

親子で参加するレッスンで

 

『なんて楽しいんだろう(≧∀≦)!』 

 

思った。

リトミックは情操教育にいいと言うし、

とても理想的な習い事だと思ってやりはじめた。

 

でも、そう思っていたのは

私だけで、息子ではなかった。 

 

息子は

決められたことを決められた通りやるのが苦手。

同じ場所にじっとしていられない。 

 

膝の上に乗せて

手遊びや読み聞かせをやっていても

するりと逃げて行って、

教室から出て行く。

 

周りを見ると、私だけ1人。

周りのママは

みんな膝の上にこどもがキチンと座っている。

 

笑顔だった先生の顔が真顔になる。  

と言うか、

困ってるような怒っているような…

 

そんな先生の顔を見て

申し訳ない気持ちがこみ上げてきた。 

 

リトミックに行く日が

私はおっくうになっていった。

 

「どうせ行ったって、やらないんだし、

先生怒ってるし、他のお母さんの迷惑になるし…」 

 

と家でモヤモヤしていると

息子がリトミックでやっていた蝉の歌を

楽しそうに歌っていた。

 

『え…?なんだ、聞いてるじゃない?

覚えてるじゃない?しかも楽しそうじゃない?』  

 

私はとても嬉しくなり、その後、

何度も息子と一緒にその蝉の歌を

歌った。 

 

私と歌っていると楽しそうな息子。

リトミックに連れて行くと

教室から脱走してからが(笑)楽しそうな息子。 

聞いてないようで、

自分に入ってくることはしっかり吸収している息子。  

枠に入るのが好きではない息子。 

 

そんな彼の独特な個性を

母の私は《リトミック》という習い事で学んだのだった。