愛を育む子育て〜おひさま天使〜

こどもを感性と脳科学で育てています。こどもと親を笑顔にするブログです。

春休み最後の悲しい悲しい出来事

わが家に文鳥のヒナがやってきたのが

3月の上旬だった。

f:id:bekibekichan:20180412182326j:image

 

子どもたちと相談して

『飼おうと』決めて、

お迎えするまでに本を何冊も読んで

勉強した。

 

f:id:bekibekichan:20180412182449j:image

 

とってもなついてて、

娘はとても可愛がっていた。

 

 

ある日、ほんの少しの気の緩みで

娘が文鳥を死なせてしまった。

 

これは私の管理不行き届きで

私に100%責任がある。

 

娘は『私のせいだ…』と1日中泣き続け、

私はずっと彼女の話を聞くしかなかった。

 

1番気を使ったのは

娘が今後自分を責め続け

トラウマにしてしまわないように

することだった。 

 

 

トラウマにならないようにするのには

脳科学的な方法がある。

 

恐怖や悲しさや怒りに対しても

とても有効な方法だ。

 

それはトラウマになる事柄を思い出し

できるだけ記憶が新鮮なうちにアウトプットすることだ。

(だだし、この作業は

気持ちが落ち着いてからでないと

全く意味がないから気をつけてください)

 

娘の気持ちが落ち着いた。

 

でも、実は

文鳥は私が1番可愛がっていた。

私が誰よりもショックだったと思う。

 

でも、母としてできること

やってあげたいことを娘にした。

 

文鳥さん、短い間だったけど、

ありがとう。

とても大切にしてたけど、

こんな結果になってしまいました。

悲しいけど、でも!忘れず乗り越えます!

 

かけがえのない命、

本当にありがとう。