こどもヨガの先生の育児日記〜育児も楽ありゃ苦もあるさ〜

代々木で【おひさま天使】というこども専用ヨガ教室をしています。こどもを感性と脳科学で育てています。こどもと親を笑顔にするブログ。

怒るは疲労です

私も母だからこどもに怒ります。

 

『叱る』と言いたいところですが、

『怒る』もその半分あります。

 

なんで『怒る』のかを考えてみました。

 

私の場合は自分の領域を侵されると

『怒り』が出る。

具体的に言うと、

家を汚くされると出る。

 

これは私の美学で、

要するに私のワガママです。

この時は完全に自分が《母》であることを忘れてます(笑)

 

 

逆に《叱る》時って

どう言う時かと言うと、

こどもが自分勝手で自己中心的な行動を取った時。

 

 

このように原因の違いは見事に違います。

だから消費するエネルギーも違う。

 

『怒る』は完全にこどもをコントロールする方向に向けられています。

 

私はいつも言いますが、

自は他をコントロールできません。

コントロールできるのは自だけです。

母と子も然りです。

 

できないことをやろうとする、

できないから疲労します。

疲労してそして自分を責めたりします。

 

『ああ、怒りすぎちゃったな。

ここまで怒らなければよかった。私ってお母さん失格だな』

 

でも、そこが客観視できていると

疲労はするけど、

自分を責めたりはしないです。

 

自分を客観視できると

こどもへの関わりに肯定が生まれます。

 

肯定感のあるお母さんに関わるこどもは

素直です。

トライアンドエラーそしてトライが

とても得意になります。

 

お母さんは自分が怒りで疲れることを

ぜひ客観視してみてください。

 

そしてなんで自分が怒ってるのか

その原因を探求するのも

また一つ育児を楽にする方法です。

 

解決策はなくてもいい。

ただそのことに気づくだけ。

それだけで大きな違いが生まれるのですから。