愛を育む子育て〜おひさま天使〜

こどもも親も一緒に笑顔にする、そんなブログです

脳科学と感性で子育てをする

◆恐がりの娘

こどもが『こわい』と言っている時の
脳の中を覗いてみましょう。


イメージは・・・
怖い記憶の断片がバラバラに散らばっており、
明確に何が怖いのかをわかっていない場合が多い。

ようするになにがなんだかわかんない。

得体が知れないこわさ。

 

ゾワゾワと戦っています。

 f:id:bekibekichan:20171018120357j:image

そこでこの不確かであるゾワゾワを

親に《恐怖》の感情としてアウトプットしてくれています。

 

本当にこどもってすごいですね。

大人はこんなことしない。

まずはそこを承認します。

 

「気持ち、よくわかったよ、教えてくれてありがとう」

 

◆で、次のステップ

その得体の知れない恐怖がどこから来ているのかを

親がリサーチし、

代弁してあげるのです。

 

たとえば、

「そうか、こないだのテレビが怖かったんだね。

どんな場面がこわかったの?」

 

で、こどもがそれをイメージやストーリーで教えてくれたらしめたもの。

ここで、得体の知れないものがやっと明確化します。

 

明確化した時点でこどもはある意味安心します。

 

 

◆実はこどもの脳内は

そういった言語化できないイメージがそこかしこに散らばっており

それがストレートな喜怒哀楽として表現されます。

だから、大人は表面的に子どもを見ても

理解不能なのです。だって、子どもたち自身もわかってないのですから。

 

 

で、私が娘にやった恐怖の取り除きは、

「そうか〜、そのテレビの怖い人が例えば、

『ぼくちゃんこわいでしょ?おならプッププ〜!やだ=音聞こえた?聞こえたらあなたに賞品さしあげます!』

って言ったらおもしろいよね。」

 

と、怖い人をコミカルな人にイメージ転換したのでした。

 

その所要時間ものの1分。

娘は笑顔。私は無事外出。

 

子どもの脳を理解して

子育てするととてもいい親子関係がつくれますよ。

 

========================

 

こどもの為のヨガ教室をしています。

ご興味あるかたはホームページをご覧ください😃

こどもヨガ おひさま天使

子育ての悩み・不安など一緒に解消しましょうね。