愛を育む子育て〜おひさま天使〜

こどもも親も一緒に笑顔にする、そんなブログです

こどもは親の尊敬すべき師匠である(めちゃ辛口の記事です)

◆今日は辛口の記事いきますよー

間違えないでくださいね、

こどもは親に指南する師匠です。

親がこどもに教えてあげるのではありません。

 

しかもこどもはそれを謙虚にやってくれる

尊敬すべき最高の師匠(ヨガ用語はグルといいます)です。

 

 

 

親はこどもに

 

『教えてあげている』

『育ててあげている』

 

のではありません。

 

言っちゃいます。

 

それは親のエゴで、

こどもへの依存以外の何者でもありません。

 

 

◆なんで今日は辛口なのか?

さっき、傷ついた若者の心を

メールとハグでサポートしているNPOの代表にお会いしてきました。

 

その若者というのは

親からひどい虐待を受けているこども達。

 

内容も伺いましたが、

とても平常心で聞ける内容ではありませんでした。。。

 

でもそれは、

親の方もこどもだった頃に歪んだ子育てをされていたとか

自分にOKを出せていない人がほとんど。

 

そういった人は、わが子を自分の所有物もしくは、

少なくとも、親の思い通りにこどもを操作したいと思っている。

 

人生への復讐とか、蓄積された闇が

根底にあるんです。

それが一番発散しやすいわが子に向けられる・・・。

 

 

悲しく、切なかったです。

 

 

◆それでもこどもは謙虚に親にメッセージを送り続ける

ひどいことをされても

こどもは親を愛している。

だから、こどもは自らを犠牲にして、人生をかけて

親の心を平穏にしようとメッセージを送り続けている。

 

だって、どんなひどいことをされても

親への愛は貫こうとするから。耐えるから。

闇のはけぐちになっていても、耐えるから。

 

そう

親こそ、こどもから

『教えてもらっている』

『育ててもらっている』

 

感動すら覚えます。

 

 

◆どんな親も例外ではありません

こどもを育ててあげている
こどもに教えてあげている

 

こういう概念がちょっとでもある人はすこし立ち返ってみてください。

 

 

こどもを育てている → 本当は育てられている
こどもに教えている → いやいや、教えられている

 

こどもは例外なく陽のパワーで親を引っ張るポテンシャルを持っています。

そして繰り返します、

こどもはどんな親も愛しています。

 

そのおおきな器の中で

心の平穏を形成してくれている。

 

そんな目でこどもを見ると、

親も成長していく、私はそう確信しています。