愛を育む子育て〜おひさま天使〜

こどもも親も一緒に笑顔にする、そんなブログです

忙しすぎて自分をおざなりにしてませんか?

◆今はこんな私だけれども・・・

 f:id:bekibekichan:20170620151659j:image

 

 

まだまだ子どもが小さかった頃、

かつての私は本当に救いを求めていました。

 

シタノコが病気で数年間 小児病棟にいた時は

一番追いつめられていました。

 

その頃ウエノコは4歳。

かわいらしく、まだまだ手がかかった(かけたかった)頃。

ずっと保育園に預けっぱなし。

 

土日は

唯一近辺に住んでいた

義理兄に面倒を見てもらっていました。

 

いつもいつも子ども達に

「ごめんね、ずっとそばにいてあげられなくて・・・」

 

って思って子育てしていました。

 

 

◆『私』はいなかった

当時の生活は壮絶でした。

 

早朝に起きて、朝ご飯を作り、シタノコの為に搾(さく)乳をする。

ウエノコのしまじろう一緒にやり、

朝ご飯を食べ、保育園に連れて行き、

その足でシタノコの病棟へ。

付きっきりで看病し、お昼寝の時間に一旦帰宅。

夕飯の仕込みをして、お昼寝が終わる頃には病棟に戻る。

夕方ダッシュでウエノコを迎えにいき、

一緒に夕飯を食べ、片付けて、お風呂に入れ、

夜に洗濯し、また病棟にシタノコの様子を見に行く。

その帰りにスーパーで買い物をして、帰宅するのが22時。

就寝は深夜の0時。

夜中と明け方に起きて2回 搾(さく)乳をする。

 

子どもの前では元気なお母さんでいないといけない。

子どもの前では決して泣かない笑顔のお母さんでした。

 

そんな毎日を2年半。

休日は取りませんでした。

 

自分の事は2の次3の次。

優先順位15番目くらいだった。

 

でも

そんな感じでMaxで『お母さん』をしてたとしても、

とてもじゃないけれど

間にあわず、

行き届かず、

いつも不完全であるというジレンマと戦い

私はいつも追い込まれていました。

 

 

 

◆ある日、崩壊と同時に『私』が悲鳴をあげた

夜中の洗濯機の前で

突然ヒザがガクガクとなり、私はその場にしゃがみ込んでしまった。

 

「だれか助けて・・・」

 

寝ているウエノコに聞こえないような声で

私は泣いた・・・。

 f:id:bekibekichan:20170620152500j:image

 

◆そしてたまたまヨガに出会った

週に1時間だけ、

自分に許された時間をヨガにあてました。

 

  

ビックリしました。

なんでヨガをすると楽になるのか

はじめは全くわかりませんでした。

 

 

 

私にないがしろにされていた『私』

その事にも気付いていなかった当時の私。

だって、私は大切な命を守りたかったから。

家族を守りたかったから。

 

でもよかった、

ヨガで『私』を愛する事に気付けて。

 

 f:id:bekibekichan:20170620152656p:image

 

 

そうしたら、世界がひろがりました。

『私』を楽しめるようになりました。

心から笑顔になりました。

支えてくれている人がいたんだという事にも

気付く事ができました。

 

 

◆今、自分を2の次3の次にしているあなたへ・・・

それは大切なものを守るためですよね。

 

でも、今より少しだけ、

自分を大事に愛してあげてください。

 

私はヨガでしたが、

どんな形でもいいです。

是非、自分をたまにハグしてあげてくださいね。

 

きっと楽になりますから。