読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛を育む子育て〜おひさま天使〜

こどもも親も一緒に笑顔にする、そんなブログです

寝る子は育つ(?)

■はたして、お昼寝は絶対必要か?

わが子は保育園に預けていましたので、

年中さんまで『おひるね』という時間がありました。

自分自身も保育園児だった頃、

おひるねをしていた記憶があります。

いやだったな〜って。(笑)

 

f:id:bekibekichan:20170227124604j:image

 

園では、年長さんになったら

してもしなくてもいいとしていましたが

3、4歳くらいまでは

「絶対、昼寝をさせなければいけない」

と私は思っていました

 

なんでそう思っていたのかは

我ながら疑問ですが(笑)

周りがそうしていたから、

自分もそうしないといけないと思っていました。

 

 

■また息子の話です

背中にスイッチがありました。

やる気スイッチではありませんよ、

押されると、目がパッと開くスイッチです(爆)

 

おひるねはもちろん、

夜間もそんな感じでした。

夜泣きも2歳まで続きましたし、

夜も含めて2時間以上継続して寝てくれることって

  ・・・ありませんでしたね・・・。笑

 

 

息子が園に通うことになって、

一番嬉しかったのが、

「これでもう邪魔をされずに3時間以上眠れる」

でした。

いやはや、世の中のお母さん、

本当に頭が下がります。

 

話を戻しますね。

 

 

■男の子だからかな

今思うと、息子はとても体力がありました

公園へ毎日連れて行く理由は、

私が当時専業主婦だったという理由ほのかに

「寝かせたかった」

という理由があります。

 

f:id:bekibekichan:20170227124759j:image

 

公園に行く → 疲れる → 寝てくれる

 

なんという単純な思考回路(笑)

 

しかし息子には通用しませんでした。

(この手が有効だった子は多いのに・・・)

むしろ私のほうが炎天下や雪の中の公園で

消耗しましたね。

 

公園に行く → 私が疲れる

 

本末転倒(笑)

 

 

 ■『寝てない』=『死ぬ』ではないらしい(笑)

考えてみてください。

毎日、夜は2時間おきに30分〜1時間の夜泣き(朝まで続く)

昼は30分で目が覚める

どう考えても睡眠が足りないと思いませんか?

 

これで大丈夫なの?

寝不足から病気にならないかしら?

少しでも寝て欲しい。

 

 

寝たらお茶わん洗いができるのに、

食事がゆっくりできるのに、

読書できるのに、

 

…自分の時間が持てるのに・・・

 

出ました。ホンネが(笑)

私は自分の時間が欲しかったんです。

 

これは人それぞれですね。

子どもと24時間一緒でも全く負担にならないお母さん

私みたいに自分の時間も大切なお母さん

 

どちらも正解です。

子育てに不正解はないというのが、

現在、子どもの講座をしている私の持論です。

 

 

■好きにすればいいよ

寝たかったら寝よう

眠くなかったら起きてゆっくりゴロゴロしていよう

 

これでOK

文字にすると、これって問題にすることなの?って思う程

簡単な結論

 

でも、一生懸命わが子に向き合っているお母さんにしてみれば、

そうじゃないかも知れない。

すごく悩んでいるのかも知れない。

当時の私みたいにね。

 

だからあえてこの記事をかいてみました。

 

 

********************

 

*ヨガのブログ書いてます(こちらが本業)

ameblo.jp

 

*子どもと親の心を同時に育むレッスンをしています。

ご興味あればどうぞ☆

こどもヨガ おひさま天使